夏場に飲むワインの正しい保存方法と温度【常温でも大丈夫?】

ワインの美味しさは温度に左右される

ワインはすごくデリケートな飲み物。
だから保管方法が適切じゃないと、一気に劣化してしまって美味しさを損ねてしまう原因になってしまうものなの。

その原因の多くが温度!
ワインの美味しさは温度によってかなり違って、ワインソムリエの中にはワインの温度が1度違うだけで全く別物のワインになってしまうって言っている方も。

けれど、自宅で大きなワインボトルを正しく保管できる方法なんて限られてるよね。

ワインは常温保管でも大丈夫?
もう開けちゃったワインはどうやって保管すれば良い?

ここでは、自宅で簡単にできるワインの正しい保存方法と適切な保管温度について紹介していくね。

ワインが最も美味しく飲める温度

まずは温度から。
ワインがもっとも美味しく飲める温度は、そのワインの種類によって違うの。

夏に飲むワインはすごく美味しいけれど、夏は暑い分その保管や温度調節も大変。

ここでは、そのそれぞれのワインを美味しく飲むための適切な保管温度について紹介していくね。

赤ワイン


まずは定番の赤ワイン!
赤ワインの適切な保管温度は常温。

ベストは13度くらいって言われてるよ。
けど、夏の13度ってかなり冷えた場所になっちゃうよね。

だから冷蔵庫に入れたくなっちゃう気持ちはわかるけど、赤ワインは冷えすぎると酸っぱい風味が出てきて古臭い味になっちゃうから、できれば13度くらいで、戸棚の奥の冷暗所っていうのが保管場所の定番だね。

あとは水道下のキッチン戸棚の奥とか!

100円ショップで売られてる温度計を使って一度自宅の戸棚の温度を確かめてみるのもおすすめ。

ただ、昼と夜、それからガスを使ったりで温度変化が激しい場所に置くと、ワインを傷めちゃうからそれも避けたほうがいいね。

白ワイン


次に白ワイン!
白ワインは夏に飲むとすごく美味しいよね。
スッキリしてて爽やかで。

白ワインは冷蔵庫の奥の方、特に扉の開け閉めで温度が変化しにくい場所に入れておくのがおすすめ!

なんなら野菜室に入れておくのも良いかも。

スッキリ飲みたい人は、思いきり冷やして保管するのがおすすめだけど、実は南米産のワインの場合、暑い気候の中造られてるから冷やさない方が風味が強くて美味しい場合もあるの。

原産地や飲み方次第では赤ワインと同じく常温保存するのもおすすめだね。

↑に書いた南米産の白ワインを常温と冷蔵庫保存で飲み比べてみるのも楽しいよ。

スパークリングワイン


スパークリングワインは問答無用で冷蔵庫!

10度以下で思いっきり冷たく冷やして飲むのがおすすめ!

なんせ、炭酸だしね。
冷えてない炭酸が美味しくないことは、お酒好きでなくても知ってることだよね。

だからスパークリングワインの場合も思いきり冷やして飲んでね。
持って帰ってきた瞬間冷蔵庫に入れちゃうのも良いね。

スパークリングワインは逆に常温保存するとスパークリングワイン本来のスッキリした甘みを損ねるものだから、他のワインとは違ってしっかり冷やすに限る!

ワインを販売してる実店舗でも、スパークリングワインは冷蔵用の什器に陳列してるところが多いよ。

夏場のワインの保存方法

ワインは種類によって適切な保管温度があるんだけど、それと同時に気になるのが、夏場のワインの保存方法だよね。

特にワインは開栓すると一気に品質が落ちるから、開けたら飲みきるのが一番。

とはいえ、特に1人飲みだと一度に1本丸々開けちゃうっていうのは抵抗感があるし、飲みきること自体大変…!

ということで、ここでは夏場のワインの保存方法を未開栓・開栓済みとで分けて紹介していくね。

未開栓のワイン

まずは未開栓のワインの保存方法から。

自宅にワインセラーがあるならそれに越したことはないけれど、全ての家庭でワインセラーがあるわけはないよね(笑)

だから、ワインセラーが無い場合は、ワインボトル全体を新聞紙で包んで輪ゴムなんかで固定してから、冷暗所に保存。

白ワインやスパークリングワインの場合は、その新聞に包んだ状態で冷蔵庫の野菜室に入れてしまうのもおすすめだよ。

特にワインは湿度や紫外線にも弱いから、新聞紙に包んで光が当たるのを防いで、さらに湿度を一定に保つことが大切。

夏場は特に日本は湿気やすいから新聞紙を使った対策は必須だね。

開栓済みのワイン

次に開栓済みの場合。
開栓済みのワインが劣化しやすい原因は新しい酸素に触れてしまうこと。

だから、開封済みのワインを保管するためには、なるべく新しい空気に触れさせないようにすることが大切なの。

まずは手頃な価格でも売られている真空キャップを使用すること。
最近では500円くらいでネットで売られてたりもするから、特に美味しいワイン、高級なワインを保管する際は使うのがおすすめ!

それでボトル内の酸素を出来るだけ抜いて、しっかりと密閉したら未開封のワイン同様新聞紙で包んで冷暗所に保存。

もしくは、ミニサイズのボトルがあるならそこに移し変えてから密封することで、出来るだけボトル内の空気を減らしてしまうっていうのもおすすめだよ。

この場合、立てて保管しないとこぼれちゃう恐れもあるから、冷蔵庫の扉部分などに入れるのもおすすめ。

けれど、あくまでもこれをすれば永遠に品質を損なわないっていうわけでは無いから、開封したら出来るだけ早いうちに飲みきろう(笑)

まとめ

ワインはとってもデリケートだから、保管方法はかなり気を使わないといけないの。

最後に、そのそれぞれのワインの保管方法についてまとめます!

【赤ワイン】
13度程度の冷暗所がベスト。
戸棚の奥など温度変化が少ない涼しい場所へ!

【白ワイン】
冷蔵庫保存。
銘柄によっては常温の方が美味しい場合もあるからお好みで。

【スパークリング】
冷蔵庫保存。
冷えていればいるほど美味しいから、しっかり冷やす!

【未開栓のワイン】
新聞紙に包んで湿度や光から守った上で冷暗所保存。

【開封済みのワイン】
出来るだけ酸素に触れさせないよう密閉して冷蔵庫保存。